TOP > WORXについて
ワークスオートアラームについて

  • ワークスオートアラームについて

  • ワークスオートアラームのカーセキュリティは、セキュリティ相談、製品やオプションのチョイスから、実際の装着、そして納車説明までを、ひとりのインストーラー(装着技術者)が行なっております。クルマをお預かりする時間は他店と比較して少々長くなりますが、ひとりの人間が一貫してお客様の担当をすることで、顔の見えるお付き合いができると思っております。もちろん、アフターサービスについても万全に対応させていただきます。

    装着に関しては、ワークスオートアラームが一番気を使っている、こだわりの部分です。「Aという製品にBというオプションを加えた同じメニューの場合、どこのお店で装着しても同じなのでしょうか?」こういったメールをいただくことがよくあります。
    当店の装着は、手間暇をかけて、より確実で、より被害から遠ざける方法をとっています。これは本体やセンサーの取り付け位置のチョイス、配線の接続方法などにも違いが出てきます。装着に時間がかかるとしても、センサーは最適な位置に取り付けます。配線も、簡易な方式を選ぶこともできますが、それでは長期にわたって断線や漏電といったトラブルを防げないかも知れません。カーセキュリティという製品の性質上、ここで詳細を説明することはできませんが、ご来店いただいた方には、何が違うのか、こだわっているのかを、説明させていただいております。高価なカーセキュリティ製品ですから、装着する職人にもこだわっていただきたい、これがワークスの思いです。

    また、ETC、ナビゲーション、オーディオ、レーダー探知機、HIDヘッドライトなどの電装アイテムに関しましても、カーセキュリティと同様のクオリティで装着いたしますので、ご相談ください。
    量販店など、カーセキュリティの知識がないお店での追加装着は、セキュリティへの悪影響が出る可能性もありますので、ご注意ください。また製品持ち込みでの装着にも対応しておりますので、ご相談ください。

    主な取り扱いカーセキュリティはクリフォード、ゴルゴ、バイパー、フォース、ココセコムです。このほかの製品も取り扱っておりますので、ご希望の製品がある場合はお申し付けください。

    業者の方からの装着依頼にも対応しておりますので、お問い合わせください。

    高価なカーセキュリティ製品ですから、装着する職人にもこだわっていただきたい、これがワークスの思いです。インストーラー 中村裕一
    インストーラー 中村裕一
    配線接続

  • ワークスの配線接続

  • 耐久性、信頼性を高めるためにワークスが行っている接続方法をほんの少しだけですが紹介します。
    非常に手間と時間のかかる作業ですが、あえてそれを選択しているのがワークスの装着です。
    既に装着されている、愛車の電装品装着配線と比較してみてください。

    BEFOR:バッテリーのターミナルに様々な配線が取り付けられ、余った配線がフロントに束ねられています。
    BEFORE:バッテリーのターミナルに様々な配線が取り付けられ、余った配線がフロントに束ねられています。
    AFTER:このようにすっきりさせました。WORXでは配線の引き直しも得意としております。DIYでぐちゃぐちゃになってしまった配線、量販店の施工に納得がいかない場合などご相談ください。
    AFTER:このようにすっきりさせました。WORXでは配線の引き直しも得意としております。DIYでぐちゃぐちゃになってしまった配線、量販店の施工に納得がいかない場合などご相談ください。
     
     

    配線は全てオリジナルのチューブに通します。収縮チューブや写真のメッシュタイプのものなど、シチュエーションや配線の太さなどに合わせて最適なものをチョイス。LEDやバレースイッチなどは予めギボシを接続し合い番を振っています。これはメンテナンス性を高め、ディーラーなどWORX以 外でのメンテナンスに出した際に配線を傷めることなく取り外して貰えること、また元に戻す際に配線間違いしないための番号です。「余所にメンテナ ンスさせないでくれ」と言うのは簡単ですがカーライフというものは、そう簡単にはいきませんよね。

    配線は全てオリジナルのチューブに通します
     
    配線は全てオリジナルのチューブに通します
     
     
     

    セキュリティには様々な配線が接続されカラーもバラバラですがチューブにより黒に統一し、センサーやリレーはウレタンで巻いて保護。車種により配 線を最適な長さでカットしていますので、車内に余った配線がグネグネとのたうち回っている…なんてこともあり得ません。カプラーは万が一に備えて ホットボンドで固定しています。

    BEFORE
    BEFORE
    AFTER
    AFTER
    AFTER
    AFTER

    BEFORE
    AFTER
     
     
     
     


    こちらのナビ純正配線を
    こちらのナビ純正配線を
    このように新規配線も使って引き直します。
    このように新規配線も使って引き直します。純正配線を余らせたまま接続も可能ですが、ノイズやトラブルの原因になります。またカプラーなどがボディと接触する際にも音が出ますので、フェルトテープやビニールチューブ、収縮チューブやスポンジなどを使ってまとめています。コルゲートチューブとビニールテープというDIY素材は使用しておりません。見えないところですが、こういったところにこそ気を使いたいと考えております。
    ナビゲーション本体は、カーペット裏より固定したMDFボードにネジ留めしています。両面テープ&マジックテープなどではカーペットを痛めますし、熱により両面テープが溶けてべとべとになってしまいます。
    ナビゲーション本体は、カーペット裏より固定したMDFボードにネジ留めしています。両面テープ&マジックテープなどではカーペットを痛めますし、熱により両面テープが溶けてべとべとになってしまいます。

    既製品のギボシカバーやコルゲートチューブは使用しません。
    上の配線のように既製品のギボシカバーは使用しません。下のようにハンダ付けしたギボシに、2種類の収縮チューブ(熱で縮みます)をかぶせ、さらに耐久性の高い接着剤を使用して水分の侵入、リークなどを防ぎます。
    プラスチック製のコルゲートチューブでは、配線にやや負担がかかるので、場所によっては、柔軟性があり、よりフィットするチューブを使用します。
    装着前のパーツ
    装着前のパーツ
    配線と配線を繋ぐ際に、ワンタッチの簡易式金具などは使用しません。
    配線と配線を繋ぐ際に、ワンタッチの簡易式金具などは使用しません。

    専用の金具で留めた後に、しっかりハンダ付けし、さらに収縮チューブをかぶせます。 専用の金具で留めた後に、しっかりハンダ付けし、さらに収縮チューブをかぶせます。 専用の金具で留めた後に、しっかりハンダ付けし、さらに収縮チューブをかぶせます。
    専用の金具で留めた後に、しっかりハンダ付けし、さらに収縮チューブをかぶせます。

    カーセキュリティ装着の際に、こういった配線処理を見つけることがあります。絶縁体ではないガムテープでの補修や、均一ではないハンダ付けなどはショート、車両火災の危険もあります。こういった事例を見つけ次第、オーナーさんへお伝えのうえ、適切な配線処理を施しております。セキュリティとは関連のない配線であっても、このまま放置しては危険だからです。

    絶縁体ではないガムテープでの補修や、均一ではないハンダ付けなどはショート、車両火災の危険もあります。 絶縁体ではないガムテープでの補修や、均一ではないハンダ付けなどはショート、車両火災の危険もあります。 絶縁体ではないガムテープでの補修や、均一ではないハンダ付けなどはショート、車両火災の危険もあります。

    カーセキュリティ装着の際に、こういった配線処理を見つけることがあります
    配線割り込みが、あまりにも美しくなかったので取り外して施工しなおしました。WORXの施工ではこういった素人のDIY的な割り込み配線は作りません。また、このような位置(これでは解除に時間がかかりません)で割り込ませることもいたしません
    配線割り込みが、あまりにも美しくなかったので取り外して施工しなおしました。WORXの施工ではこういった素人のDIY的な割り込み配線は作りません。また、このような位置(これでは解除に時間がかかりません)で割り込ませることもいたしません。
    タップを使って配線を割り込ませると、このように配線が切れてしまいます。いずれは振動などで完全に断線してしまうでしょう。DIYでオーディオなどを付けるとしても、これはオススメできません。弊社ではこういった配線があれば引き直します。
    タップを使って配線を割り込ませると、このように配線が切れてしまいます。いずれは振動などで完全に断線してしまうでしょう。DIYでオーディオなどを付けるとしても、これはオススメできません。弊社ではこういった配線があれば引き直します。

    配線は適切な処理にて修復しました。 配線は適切な処理にて修復しました。  
    上段の配線は適切な処理にて修復しました。


  • 他店やDIYでの装着例

  • WORXに持ち込まれた車両のナビやオーディオ、セキュリティの配線です。量販店での施工だけではなく専門店でのセキュリティ装着もありました。正常に動作していても余った配線を束ねていては今後トラブルが出かねません。フロアカーペットの下に置き去り…、インパネの中にごちゃごちゃに…などの処理がよく見られます。当店ではこういった既に装着されたユニットの配線処理も承ります。

    タップを使っての接続は、配線切れの恐れがあるのでWORXでは絶対に使いません。ハンダと絶縁をしっかりしないと車両火災の恐れもあります。(09年10月)
    内装と共締めされていたために、完全に潰れてしまった3本の黒い配線。これではいつショートしてもおかしくありません。見えない部分に危険が潜ん でいました。(2012年1月)
    タップを使っての接続は、配線切れの恐れがあるのでWORXでは絶対に使いません。ハンダと絶縁をしっかりしないと車両火災の恐れもあります。(09年10月)
    タップを使っての接続は、配線切れの恐れがあるのでWORXでは絶対に使いません。ハンダと絶縁をしっかりしないと車両火災の恐れもあります。(09年10月
    ハンダがしっかりと配線に行き渡っていません。見えないところだからこそ、しっかりとした仕事を心がけたいものです。
    ハンダがしっかりと配線に行き渡っていません。見えないところだからこそ、しっかりとした仕事を心がけたいものです。

    乱雑に余っていた配線を、綺麗に処理しました。ボンネット内の見栄えにも気を使って美しく処理したいですね。
    乱雑に余っていた配線を、綺麗に処理しました。ボンネット内の見栄えにも気を使って美しく処理したいですね。
    乱雑に余っていた配線を、綺麗に処理しました。ボンネット内の見栄えにも気を使って美しく処理したいですね。
     
     
     


    DIYも含めターボタイマーなど多くの電子パーツを取り付けて配線が増えすぎてしまった様です。ヒューズボックスへの多数の割り込みやエレクトロタップでの装着はおすすめできないですね。(09年4月)
    DIYも含めターボタイマーなど多くの電子パーツを取り付けて配線が増えすぎてしまった様です。ヒューズボックスへの多数の割り込みやエレクトロタップでの装着はおすすめできないですね。(09年4月)
    34GT-Rのパネルを外すと、バイパーがぶら下がっていました。この状態では本体が振動などにより故障する可能性があります。配線処理も丁寧とは言えませんね。(09年4月)
    34GT-Rのパネルを外すと、バイパーがぶら下がっていました。この状態では本体が振動などにより故障する可能性があります。配線処理も丁寧とは言えませんね。(09年4月)
    配線はすべて黒いテープで巻いていますが、WORXではこの状態の配線は綺麗な作業とは言えません。(09年4月)
    配線はすべて黒いテープで巻いていますが、WORXではこの状態の配線は綺麗な作業とは言えません。(09年4月)

    こちらもGT-R。ユニットには衝撃を吸収するスポンジが巻きつけてありますが、その下はガムテープです。コルゲートチューブやテープでの配線処理も美しくありません。あまった配線もたるませたままで適切な長さへのカット&処理がなされておりませんでした。
    こちらもGT-R。ユニットには衝撃を吸収するスポンジが巻きつけてありますが、その下はガムテープです。コルゲートチューブやテープでの配線処理も美しくありません。あまった配線もたるませたままで適切な長さへのカット&処理がなされておりませんでした。(09年4月)
     
     
     
     

    雑なハンダが施され、さらに普通のビニールテープで巻かれているだけでした。
    雑なハンダが施され、さらに普通のビニールテープで巻かれているだけでした。(09年2月)
    シフトレバーの横に余った配線が溜まっていました。
    シフトレバーの横に余った配線が溜まっていました。可動させるシフトだけにトラブルが出かねません。(09年2月)
    コンソール、パネル裏がもの凄い状態でした。
    コンソール、パネル裏がもの凄い状態でした。やりがいのある施工例ですね(苦笑)。(09年2月UPDATE)

    WORXに持ち込まれた車両のナビの配線です。オーナーさんは量販店で装着されたそうです。仮に正常に作動していても、束ねた配線では今後トラブルが出ないとも限りません。配線の上はフロアカーペットが不自然に盛り上がっていました。こういった既に装着されたユニットの配線処理も承ります。
     
    クリフォードが装着されているとのことでダッシュボード内を覗いてみると、タイラップで留めてあるだけの配線と本体が見えました。タイラップを切るとこのようにダラーンとぶら下がってしまいます。このような装着ではいずれトラブルが出てしまいます。細かいところですが配線に巻いているテープも丁寧ではないようです。
    クリフォードが装着されているとのことでダッシュボード内を覗いてみると、タイラップで留めてあるだけの配線と本体が見えました。タイラップを切るとこのようにダラーンとぶら下がってしまいます。このような装着ではいずれトラブルが出てしまいます。細かいところですが配線に巻いているテープも丁寧ではないようです。
     
     


    バッテリー警告ステッカーを使用します

  • バッテリー警告ステッカーを使用します

  • クリフォードなどカーセキュリティ製品は、正規の手順を踏んだ後にバッテリーを外す必要があります。この手順を踏まない場合はカーセキュリティに不具合が生じる場合があるからです。ワークスオートアラームでは、警告ステッカーを貼ることでディーラーなど弊社以外でのメンテナンスの際にもトラブルが起きないようにしています。

    警告ステッカーを貼ることでディーラーなど弊社以外でのメンテナンスの際にもトラブルが起きないようにしています
     
    警告ステッカーを貼ることでディーラーなど弊社以外でのメンテナンスの際にもトラブルが起きないようにしています
     
     


    マスキング


    エンジンルームやトランク内の作業、コンソールへのLED装着などの際は、しっかりマスキングします。 エンジンルームやトランク内の作業、コンソールへのLED装着などの際は、しっかりマスキングします。
    エンジンルームやトランク内の作業、
    コンソールへのLED装着などの際は、しっかりマスキングします。

    インプレッサの施工風景 インプレッサの施工風景
    インプレッサの施工風景


    LED/スイッチ装着

    インプレッサSTiバレースイッチ施工例 LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。 LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。

    LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。 LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。 LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。

    LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。 LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。
    LED、バレースイッチの装着は、違和感のない自然な位置を心がけています。
    お客様の要望通りの場所に装着します。